海外旅行

【最安値+クーポン】おすすめの半蔵門から成田空港にバスor電車で行く方法を紹介します

投稿日:

 

このページは、半蔵門から最も近くて安いバス、または電車の乗り換えが少なくて快適に安く電車で行く方法を紹介しています!

値段や快適さ、早く着く順番など比較してみてください。

 

どうも、おぎつです!

 

関東圏の方で安く旅行に行ける空港といえば、成田空港ですね。

 

その成田空港に行くには普通に電車で行けますが、実際には乗り換えが面倒くさいですよね。

 

電車は面倒ということで、バスがあればいいですが半蔵門から成田空港までバスは出ていません。

 

ということで今回は、電車なら『乗り換えが少なく安い・コスパが良く行く方法』か『バスなら最も近い駅から安く行ける方法』を紹介していきます。

 

【バス・電車】半蔵門から成田空港まででそれぞれの最安値を比較してみた

 

バスや電車で半蔵門から成田空港に行く方法の値段は以下になります。

 

【電車】

・東京メトロ半蔵門

半蔵門→押上→京成高砂→成田空港(第1ターミナルの駅)

→値段:1210円

半蔵門→三越前→(徒歩)→新日本橋→成田空港(第1ターミナルの駅)

→値段:1482円

 

【バス】

半蔵門→大手町→銀座→(徒歩)→銀座駅前・バス乗り場→成田空港(第1ターミナル)

→値段:1165円

 

【バス・電車】半蔵門から成田空港まででそれぞれの交通時間が短い・早い交通便を比較してみた

 

【電車】

・東京メトロ半蔵門

半蔵門→押上→京成高砂→成田空港(第1ターミナルの駅)

→所要時間:1時間48分

半蔵門→三越前→(徒歩)→新日本橋→成田空港(第1ターミナルの駅)

→所要時間:1時間49分

 

【バス】

半蔵門→大手町→銀座→(徒歩)→銀座駅前・バス乗り場→成田空港(第1ターミナル)

→所要時間:1時間55分

 

【バス・電車】半蔵門から成田空港までで座れる・乗り換えが少ない快適さで比較してみた

 

【電車】

・東京メトロ半蔵門

半蔵門→押上→京成高砂→成田空港(第1ターミナルの駅)

乗り換え:2回

座れるか:座れない可能性大(曜日や時間帯、時期による)

半蔵門→三越前→(徒歩)→新日本橋→成田空港(第1ターミナルの駅)

乗り換え:1回

座れるか:座れない可能性大(曜日や時間帯、時期による)

 

【バス】

半蔵門→大手町→銀座→(徒歩)→銀座駅前・バス乗り場→成田空港(第1ターミナル)

乗り換え:2回

座れるか:半蔵門から銀座は座れない可能性大。(曜日や時間帯、時期による)

しかし銀座からはバスなので座れる。

 

実はバス・電車以外の○○がコスパ最強だった!?

半蔵門から少ない乗り換えで早く成田空港まで行くには京成スカイライナーがおすすめです。

乗車時間は1時間19分で、東京メトロで半蔵門から三越前、三越前から上野まで電車にのります。上野駅から徒歩で京成上野駅に行き京成スカイライナーに乗り換えて成田空港に行けます。

 

新幹線のように進行方向に向かって横並びの席ですし、車両ごとにスーツケースを置くスペースがあるので、座席を広々と使ってゆったり空港に向かうことができます。

 

デメリットとしては、全部で片道2660円かかるので、なるべく安く済ませたい場合は少し高くついてしまいます。

 

海外旅行に行く人or空港にバスで行く人におすすめのさらに安くする方法(クーポン)を紹介

 

半蔵門から成田空港にバスで行く人や、そもそも海外旅行に行く人には知っておいてほしいお得になる方法があります。

 

それがセルフバックという方法です。

 

セルフバックとは、ネットでよくアプリやお店などで行っている「お友達を紹介してくれたら~円キャッシュバックキャンペーン‼」みたいなサービスを自分自身で行うということです。

 

このセルフバックの仕組みを楽天カードで見てみると、実はすごい仕組みになっているんです。

 

楽天カードはよくCMやネットで、「登録したら4000ポイント+お買い物をしたらさらに4000ポイント(合計で8000円相当)をプレゼント!」というキャンペーンを広告として紹介していますね。

 

下の図を見てみてください

 

 

今回は、ネットを見て登録したA君は8000ポイントをゲットしています。

 

しかし、これはネットのサイトで紹介したサイト作成者さんにも紹介料が入ります。

 

これが世間でよくサイトなどで紹介されている、商品のレビューなどで紹介料を貰うアフィリエイトの仕組みになります。

 

そのBさんのサイトを介さずに、アフィリエイトの広告代理店で自分で直接申し込みすることがセルフバックといいます。

 

セルフバックは、広告代理店もサイトに紹介料を払わないで済むのでセルフバックしてくれた人に登録料として紹介料分を払ってくれます。

 

そして、楽天カードなどのクレジットカードやライザップなどのダイエット、Wi-Fiなどの光回線、転職などの有名企業のネット広告を請け負っている日本一有名なのがA8.netです。

 

A8.netでセルフバックを行うことによって、登録料としてキャッシュバックでお得になった例はこんなにあります。

 

・三井住友カード発行→14200円キャッシュバック

・ファミマTカード+クレジットカード発行→7000円キャッシュバック

・楽天カードやYahooカード発行→8000円+普通のキャンペーン8000ポイントキャッシュバック

・イモトのWi-Fi利用申し込み→850円キャッシュバック

・海外旅行の申し込み→数%キャッシュバック

※もし3%の場合、4人でそれぞれ8万円のツアーのだと9,600円もキャッシュバック‼

 

 

クレジットカード系はキャンペーン時にキャッシュバックが高くなる(3か月に1回の頻度で3週間ほどやっています)ので、そこを狙うと無料のクレジットカード発行のみでキャッシュバックが貰えます。

 

そして、旅行に行く人にもセルフバックができるものが多いのでお得になります。

 

当ブログ管理人の僕も、何かを購入する時はいつもセルフバックで紹介料が貰えるか確認しています。

 

僕の場合は、格安SIM・ENEOS電気に乗り換える時にそれぞれ3~4000円キャッシュバックがもらえて、さらに普通のキャンペーンのキャッシュバックなども貰えました。

 

A8.netの申し込みページはこちら

 

【セルフバックする方法】

 

1.A8.netの公式HPで無料会員登録をする

A8.net

 

2.登録が完了したら、トップページの右上にセルフバックがあるのでそこをクリック。

 

 

3.自分の使いたいサービスでセルフバックを行うをクリック(そのままそのサービスの公式サイトに進むので、普通に登録や購入をする)

 

4.登録や購入が完了したら、セルフバック完了になります。

 

「セルフバックを行う」というボタンを経由して登録すれば、勝手にキャッシュバックを受けられるので簡単ですね。

 

海外旅行によく行く方でも普段の生活の購入に使うのにもお得になるのでおすすめです!

 

A8.netの申し込みページはこちら

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-海外旅行

Copyright© おぎつの意識高いたか~いブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.